■日本教団のシンボルマーク

    
     
 商標登録第5240005号


平成25年「剣谷会館」門松


平成25年「修練会館」門松


■白い壁に赤い屋根
日本教団総本山「「洗心院」


15メートルの国旗掲揚ポールが目立つ

■丘に見える赤い屋根の総本山


∇国道36号線、苫小牧市に向けて15分
 右側に看板あり


■六甲別院「剣谷会館」正門


∇六甲別院「剣谷会館」赤い屋根の全容


∇六甲別院「剣谷会館」仏間に
  設置された太鼓



■大阪別院「修練会館」



■洗心学院出来島宿坊


■九州本山「万龍寺」正門


∇九州本山「万龍寺」
  「福岡道場」
の看板


































































































































































































賛同団体>
元NPO法人育成会 大衆政党「平連」 FB「深夜放送」 「読むラジオ・時々いい時」

(西暦2019年/皇紀2679年)
平成31年

カウンター

帝國ホールディンググループ
宗教法人
日 本 教 団
別称ウルトラ~教団とも称す。

https://www.youtube.com/watch?v=a4vmA9noFXo

< 信教は自由である。 >
日本国憲法20条でも保障されている通り。いかなる権力を以っても、これを阻害することは出来ない。

< 「日本教団」は太陽崇拝者で以ってなす。 >
従って「御本尊さま」は、その「お日さま」の上に「大」の字を戴く「大日如来」さまである

< 連携 >
「日本教団」は日本国から唯一「世界宗教連合会」に加盟を認められた団体です。

< 趣旨 >
「日本教団」とは読んで字のごとし「日本人を、より日本人らしい日本人教育して行こうとする団体でもあります。

< 合言葉 >
「子孫らに明るい未来を」

< 教団指針 >
「教学相長」(きょうがくあいちょう)
人に教えることと人から学ぶことは互いに作用し合うものであって、人に教えることによって自分も、さらなる勉強することになる! 一に勉強!二に勉強!三に勉強!千に勉強! ウルトラ~まで勉強!

< 「日本教団」の根本姿勢 >
「日本教団」は、どんな些細な悪をも見逃しません」天網恢恢疎にして漏らさず必ず征伐します。
「日本教団」は、どんな権力にも立ち向かいます。

「日本教団」は只今、日本列島くまなく百山千院万房庵および研究所を開設しております。

「日本教団」は、どこかの国の法王さまや、どこかの大僧正さまのごとく煌びやかな衣装など華美は好みません。
また煌びやかな御殿も望みません。
いつも素朴な作務衣をまとい額(ひたい)に汗して働くことを奨励しております。

< 「日本教団」の由来 >
「お不動さん」と親しまれている「不動明王さま」とは密教の根本尊である「大日如来さま」の化身と言われております。すなわち「大日如来さま」が怒られた御姿なのです。その「お不動さま」が、さらに変身されたお姿が「倶利伽羅龍王」さまなのです。
そもそも日本列島を一匹の龍にたとえる説があります。すなわち龍頭部が北海道で胴体が本州であり、さしずめ能登半島、房総半島が前足で紀伊半島、中国地方が後足であり、四国、九州が尾っぽの部分だと言います。
更に富士山が心臓部であり 大和列島くまなく活火山が息吹いており。更に、へそ部に当たる琵琶湖は、いつも満々と水をたたえ内臓部にあたる近畿圏内をくまなく潤しています。。すなわち、この一匹の龍体こそが「倶利伽羅龍王」さまなのです。
「倶利伽羅龍王」さまに 巻きついてる剣をクリカラ剣と言い、剣の高さは1200万キロメー1600万キロメートルあると言われてます。また口から吐き出す息の音は二万億の雷が一時に鳴り響くほどの凄まじさとか。これを聞いただけで魔性のものは、たちまち滅びると言いますから、何とも頼もしい龍王さまです。この「倶利伽羅龍王」さまは、この国に一旦急有らば雷鳴轟き天空を真っ赤に焦がし、龍体すなわち日本列島がうごめき、やがて一匹の龍体となって天空高く舞いあがり外敵を葬り人民を守ると言います。ちなみに「お不動さん」で親しまれている「不動明王」は密教の根本尊であります「大日如来さま」の化身と言われております。つまり
余談ですが肩から二の腕にかけて彫った刺青を倶利伽羅紋紋と言います。

< 「日本教団」洗心会」とは >
日本列島龍体論に鑑み、龍体の頭部にあたる北海道の地に「大日如来」を御本尊に戴き、密教的修験を通じて即身成仏、霊魂不滅の法理を広めんと、昭和50年10月、ここ苫小牧の地に「心を洗う会」として「洗心院」を建築。昭和58年8月24日、宗教法人として関係官庁の許認可を戴き「洗心会」を開山。今日に至っております。

< 「日本教団」が唱える「般若心経」とは >
皆さま驚かれるかもしれませんが「般若心経」は神さま(神社)の前でも唱えられる唯一の「御経」なのです。そもそも「般若心経」という「御経」は文字数260余文字にして天台経70巻、毘沙門(びしゃもん)経60巻、阿含(あごん)経、華厳(けごん)経などなど般若、法華経など一切、大蔵経より撰び出された尊き御経なのです。神前にては「宝の御経」仏前にては「花の御経」として、家のため、ヒトのために祈祷する御経なのです。従って声高々に読み上げれば、上は梵天帝釈(ぼんてんたいしゃく)四大天王、日本国中の大小神祇、諸々の天善神、諸大眷属(けんぞく)に至るまで、哀愍(あいみん)納受してくださり、私たちの所願を成就して下さるという、まさに当ウルトラ~教の趣旨にピッタシの「御経」なのです。

< 「洗心院」について>
宗教の「教」と言う字は「教え」と言う字です。当宗教法人「日本教団」の趣旨に従って、日本人らしい「道徳教育の再現」を目指します。「日本教団」の御本尊は「大日如来」さまです。地球上に生きとし生きる物あらゆる生命体は、すべからく太陽すなわち「お日様」の恩恵によって生かされています。わが「大日如来」さまは、その「お日様」の上に大の字を戴く有り難い仏様なのです。もっと分かり易く言えば「お日様」が風邪をひけば地球はクシャミをする間柄なのです。皆さま方が「お不動さん」と親しまれている「不動明王さま」は「大日如来さま」の化身(つまり、お怒りになられた姿)と言われております。その「お不動さま」が、さらに、お怒りになり、変身されたお姿が「倶利伽羅龍王」さまなのです。地震、雷、火事、オヤジ。昔から怖いものの代名詞ですが、オヤジは別として、これらの現象は総べて「龍王さま」の仕業なのです。だから私たちは「お日様」すなわち「大日如来さま」を怒らせないように日ごろから感謝し奉てまつっているのです。現世で「「いいことをすれば極楽。悪いことをすれば地獄」に。仏の教えは単純明快です。それが、わがウルトラ~教の基本であり、勉強なのです。唱える御教も「般若心経」ただ一つ。あとは毎日の「日報」をシッカリ読み、一日も早く、その道を極め、われら子孫らのために「明るい日本つくり」に寄与して戴きたいでありけり。

< 降臨と言う言葉があるならば >
そもそも、この世に生きる森羅万象、生きとし生きるもの全ては、いずれ遅かれ早かれ、 いつかは自然界に還って行かねばならない。 ヒトとて同じ、決して避けて通れないのである。宗教は、その卒業のの練習をさせられてしてると言っても過言でない。既存の宗教の世界では「この世」と「あの世」と定義づけ、いわゆる、この世の生き様によって地獄、極楽と「あの世の行先」までも予言して戒めとしている。たしかに善行を施せば極楽浄土に行き、悪業の限りを尽くせば地獄に落とされ永遠に悲惨な目に合わされる。まさに自業自得で説得力がある。 さて、はたして、そうなのかと言えば、そんなもの見たヒトなんて誰一人もいないのだから「インチキ」だと言われれば「インチキ」以外ナニものでもない。世界の宗教を二分する釈迦もキリストも実在の人物と聞く。ならば、この「お二方」こそ大いなる詐欺師と言わねばならない。 そもそも、わが祖先(大和国)農耕民族に釈迦もキリストも存在しない。神話の天照大神の時代から「お日さま(太陽)崇拝主義」が定着していた。つまり「お日さま」の昇り沈みに手を合わせ、明日の天候を予測し幸せを祈った。ナン百年、ナン千年の悠久の暦史の中で外来の宗教とも織り交ぜ、いつしか「お日さま」の上に「大の字」を戴く「大日如来」なるが想像上の「仏さま」誕生したとしても、なんら不思議ではない。それどころか大和国ヒトが想像して描き出された唯一「仏さま」に他ならない。ならば、われわれの「守り本尊」」は「大日如来」しかない。たしかに、この「仏さま」は、われわれ日本人には極めて優しく夜昼関係なく、われわれを見守って下さり、地獄、極楽の選別などない。叱からなければならない時には「不動明王」となって現れ憤怒の相で叱って下さる。また、いざ国難には一匹の龍(倶利伽羅龍王)と化し、大和国土を守って下さると言うから、誠に有り難く都合のいい「仏さま」なのである。ある冬の夜、教祖のの夢枕に突然!轟音と共に真っ黒い雲の合間から巨大な龍が現われ、カッと見開いた黄金の眼(まなこ)と真っ赤に開いた顎(あご)の下の、あれは逆鱗(げきりん)たったか。地の底から聞こえるような低い唸り声で「大和国ヒトを守れ!」と吠えたと言う。その時、悟りを開いた言う教祖は 北海道は苫小牧の地に小さな天守閣を築いた。倶利伽羅龍王さまは既に御降臨されていたのである。

< 夢の夢ならば >
「日本教団」は、ただ単に日本国のみならず地球ひいては「大宇宙全体」に存在しているである。あらゆる生態系に愛を施し更に全宇宙の恒久平和を希(こいねが)う極めて壮大な夢の実現を目指す「教育団体」でもあります。「日本教団」は、既存の宗教団体とは一線を隔し、宗教の原点である 宇宙崇拝に立ち還り、「大日如来さま」の教義を紐解き、ひたすら万教の経典「般若心経」を唱え、あるいは写経させることに依って精神統一を図り、現在、生きる術を見失いつつある民に生きて行く道(すべ)を見出させるのである。


< 初代教祖 >
善徳院英雄師
ぜんとくいんえいゆう

自称/大日如来の一番弟子

教団代表
松田妙麗師
まつだ みょうれい

洗心院々主

名誉総裁
伏見博明王殿下
ふしみ ひろあき

旧皇族 第26代伏見家当主
日本文化振興会総裁/国際学士院総裁


<歴代役員>

名誉会長
故/萩尾孝至
はぎお たかし

元、高裁裁判長
平8年春の叙勲で勲二等瑞宝章受賞
法学博士

名誉顧問
故/恩田貢師
おんだ みつぐ

元、内外タイムス社主

名誉顧問
故/五味武師
ごみ たけし

元、国会タイムス社主
元、NGOグローバルレインボーシップ理事

名誉顧問
故/磯貝武雄師
いそかい たけお

講道館柔道10段

<現役役員>
顧問
堤清一郎
つつみ せいいちろう

前、NPO法人 全国青少年健全育成会理事長

顧問
後藤伸一郎
ごとう しんいちろう

新日本美術院理事
国際公募新院展役員


<外郭団体から顧問>
ダライ ラマ14世法王

ダライ・ラマとは観音菩薩の化身の意

三清太乙大宗師
翁太明
おう たいめい

台湾高雄道徳院々主


<善徳院英雄大師経歴>
2004年世界宗教法王庁&世界宗教連合会 名誉最高顧問就任
2007年 仏岳山善弘寺より度牒「善徳院営為英雄」下賜
2007年 仏岳山善弘寺別院「日本教団」開設
2011年 世界宗教法王庁第三代法王就任
叙 勲
1996年 感謝状 台湾高雄道徳院
2000年 社会文化功労賞 日本文化振興会
2002年 日本文化福祉功労賞 日本文化振興会
2007年(佛紀2553年) 奨状 弘楊孔教 栄誉奬 世界客属総会
2008年 国際名誉学位授与 アメリカ合州国サンフランシスコ国際教育大学
2009年 表彰状  国際教育アカデミー本部
2010年 大英帝国世界文化功労賞 大英帝国女王陛下特使ワァーウィック・モーリス
2010年 国際文化芸術賞 黄喜文化芸術振興会
2010年 特別功労賞(楯)受賞 フランス共和国
2010年 文化功勳奨 世界客属総会
2010年 感謝状 日本文化振興会
2012年 法王文化勲章授賞 世界仏教法王
2012年 感謝状&委嘱状 内閣府認証特定非営利活動法人 国際環境研究機構
2012年 国際文化栄誉賞 国際文化推進協議会

松田妙麗師経歴>
2007年 仏岳山善弘寺より度牒「松田妙麗師」下賜
2007年 「日本教団」代表役員就任
2012年 世界宗教法王庁第三世の辞任にともない急遽第4代法王就任
2012/6/10 同認証状授与
2012/12/5 国際宗教栄誉賞授与 国際文化推進協議会/世界宗教連合会

< 支援活動 >
青少年健全育成に実践活動するNPO法人「全国青少年健全育成会」に賛同支援とともにNGO R-NET(北朝鮮に拉致された日本人を救出する市民ネットワーク)に協力ししております。


< お知らせ >




このサイト内すべての無断転載を禁じます。


コロナは「教団マーク」そのものだった
 
  09/7/22午前11:30硫黄島にて

■救主降臨

写真は、まだ屋根に俱利伽羅竜王が輝く前のです


■各本山の御案内
□総本山洗心院
▲世界宗教連合会日本本部
〒059-1365北海道苫小牧市植苗
△日本列島龍体論の龍頭部に御座します
千歳空港から苫小牧市に向けて国道36号線を10分ほど走行すると左側が「ウトナイ湖」です。
△その右側に当「総本山」と「大日運輸」(無関係)の看板が大きく見えます。
そこを右折。奥に見える赤い屋根のお城が当、総本山「洗心院」です
△「ウトナイ湖」は鳥獣愛好家なら誰もが知っている動植物の宝庫です。
季節には真ガンやハクチョウが数万羽が飛来する国際的に有名な湖です。
▲管理責任者/家具屋姫

■総本山東京寺務局
〒108-0074東京都港区高輪
△高松宮邸のお隣りです。
忠臣蔵で有名な四十七士が眠る高輪泉岳寺も御座います。都内屈指の閑静地です
△管理責任者/松田妙麗

■大阪別院「修練会館」
〒555-0031大阪市西淀川区出来島
ケロケロで有名です
■総本山「洗心学院出来島宿坊」
〒555-0031大阪市西淀川区出来島2-9-38
△阪神電車大阪なんば線「出来島駅」駅前大阪市バス「出来島駅前」下車
△管理責任者/津留貴龍

■六甲別院「剣谷会館」
〒662-0099兵庫県西宮市剣谷町
△六甲山系渓谷!夙川の上流に位置し小高い坂の上の白い壁に赤い屋根
瀟酒(しょうしゃ)な建物と白い門構えがひときわ目に付きます。

△管理責任:(有)帝國警備

■九州本山「万龍寺」
同じく、まだ屋根に俱利伽羅竜王が輝く前の写真です
△近隣の津留家の菩提所には忠勇の
碑が建立されております。
〒811-2132福岡県糟屋郡宇美町原田
△福岡空港の裏側に位置し大宰府天満宮まで、わずか4Kです。
△管理責任者/野口慶麗

■協賛寺院

△真言宗醍醐派常慧院<京都>
△法華宗妙徳教会<東京>
△救世白雲会<東京>>
△高雄 道徳院<台湾>

■協賛団体
▲帝國HDグループ
△国際心霊学研究財団
△世界宗教法王庁
△世界宗教連合会
△世界婦人平和促進財団
△全国国旗掲揚普及振興会
△元NPO法人/全国青少年健全育成会
△全国平和企業グループ
△全国帝國警備グループ
△国民のための大衆政党「平連」
△日台友好同盟(仮称)
△日本ジャーナリストクラブ
△日本の国から麻薬を撲滅する会
△社団法人/日本文化振興会
△新院展」(新日本美術院
△敬天新聞
△8723同志会


■その他の「お知らせ」
▲本山洗心院(北海道/苫小牧市)では創設35周年に伴う改築工事にさいし本堂の壁に皆さまの写経を貼付することになりました。皆さまの写経が本堂に彩を添えて永遠に残ります。この機会を逃さず御奉納下さい。
△御一人何枚でも結構です。

▲九州本山「万龍寺」では「寺名」に、ちなみ万匹の龍が結集しております。
△書画骨董ナンでも御座れ!

■募集
△教団では檀家、門徒及び新規信徒を募っております
<次の特典が与えられます>
▲檀家
△最高の名誉位が授与されます。
▲住職(寺院責任者)
△住居が与えられると共に僧籍が授与されます。

■その他のお知らせ

▼当教団は「宇宙葬」専門の「ウルトラ・メモリアル(葬儀社)」を設立致しております。

▽ヒトの弔い方にも火葬、土葬、樹木葬、空葬など、いろいろ有りますが「宇宙葬」とは、ヒトもしくはペットの遺灰を収めた「カプセル」をロケットにて宇宙空間にて「散骨」させる形態(方法)です。費用も僅か100万円前後で「葬儀社」に支払うより格安です。(詳細/別途掲載)




▲グッズ紹介